AviUtlの使い方 第2回「動画と音声を読み込もう」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AviUtlで動画と音声を読み込もう

今回は「AviUtlの使い方」の2回目になります。

前回説明したプラグインの設定が完了したら、CPRM解除した地デジの動画ファイルと音声ファイルをAviUtlで読み込みましょう。

AviUtlで動画ファイルを読み込もう

AviUtlで動画ファイルを開く

メニューバーの【ファイル】⇒【開く】から、動画ファイルを読み込みます。


動画ファイルの場所を指定

赤丸部分や赤枠で囲んだ箇所から、コピーした地デジの動画ファイルがある場所を選択します。


(当サイトでは録画した地デジの番組名フォルダー内にありました。)

m2vファイルを選択

前回、TMPGEncでmpgファイルを分離してできたm2vファイルを選択して【開く】をクリック。


AviUtlで動画ファイルを読み込むことができました。

AviUtlで動画ファイルを読み込み

しかし、この状態ではまだ音声ファイルが読み込まれていません。しかも、動画のサイズが縦長になっています。それらを今から改善していきましょう。

AviUtlで音声ファイルを読み込もう

AviUtlで音声ファイルを開く

メニューバーの【ファイル】⇒【音声読み込み】から、コピーした地デジの音声ファイルを読み込みます。


wavファイルを選択

前回、えこでこツールでac3形式の音声ファイルを変換してできたwavファイルを選択して【開く】をクリック。


AviUtlで音声ファイルを読み込み

画像の赤枠部分に注目してください。緑色の波型が確認できますよね。これが音声ファイルです。

動画サイズを 640×360 に変更しよう

続いて、縦長になっている動画サイズを変更しましょう。

画像サイズを変更

メニューバーの【設定】⇒【サイズの変更】⇒【指定サイズ】をクリックします。


640×360に変更

左の画面が表示されます。
Xの値が横幅、Yの値が縦幅を表します。

動画サイズを【640×360】に変更しましょう。


アスペクト比16:9の動画

これで地デジと同じアスペクト比(16:9)に戻りました。

インターレースを解除しよう

最後にインターレースを解除しておきましょう。インターレースを解除することで、パソコンで動画を見たときに発生する横方向のギザギザが軽減されます。

「インターレース?」という方は、とりあえず当サイトの説明どおりに設定しておくことをオススメします。

インターレースの解除を選択

メニューバーの【設定】⇒【インターレースの解除】⇒【自動】を選択します。
※アニメの場合は【自動24fps】を選択してください。


インターレースの解除完了

画像の赤枠部分に【自動】と表示されています。これでインターレースの解除に関する設定はおしまいです。

それでは、CPRM解除した地デジをAviUtlを使って編集・CMカットしてみましょう。

mpgファイルを、もっと簡単に編集しませんか?

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

実は、今回紹介した「AviUtl」でコピーした地デジ(mpgファイル)を編集する方法より、もっと簡単にmpgファイルを編集できる方法があります。

しかも編集した動画は、そのままDVD-Videoに変換することもできます。もちろん音ズレに悩まされることもありません。

まずは無料体験版で、その使いやすさを体感してください!

「この記事が役にたった♪」という方はブックマークお願いします。
Yahoo!ブックマークに登録する このエントリーをはてなブックマークに追加

関連情報


人気のある記事 TOP5